企業が求める語学力とは

今回は、企業がどれくらい語学力を求めているのかを紹介します。

海外で働くのであれば、仕事中も日常生活でも英語を話せなくてはいけません。そんな時企業は、どれくらいの語学力を求めているのか気になりますよね。

外国に行けば語学力が身につくから大丈夫だろうと思っているなら大きな間違えです。外国に行ったからとはいって、皆が英語が話せるようになるわけではありません。

学生時代で学んだ英語で大丈夫と思っている人はいるでしょうか?学生時代に学んだ英語は、通じないという話を耳にしたことはありませんか。それは、本当で学校で学んできた英語のほとんどが通じません。
なので、大丈夫だろうと簡単に考えて外国に行ってしまうと、大変なことになってしまいます。

海外で働きたいと思っている人もいると思います。日本企業の海外支店に行くのであれば、少し話せる程度で大丈夫かもしれませんが、海外の企業で働くのではあれば、しっかり話せないと大変です。

海外の企業で働くのであれば、書類を作ったり書いたりする時やコミュニケーションをとったり、電話の受け答えやプレゼンテーションなど日常生活の全てにおいて英語を話せなくてはいけないのです。

どれくらいの語学力が必要なのかの目安としては、TOEICが900点以上の人だそうです。
ちなみに「TOEICってなんだ?」と疑問に思う人のために、「TOEIC」とは英語によるコミュニケーション能力を評価するテストのことを言います。

そして、なぜ900点以上ではないといけないかと言うと、900点が英語でビジネスをすることが出来る最低限だそうです。ということは、900点以下の点数の場合は、海外で働くことがとても難しいのではないでしょうか。

そして特に自分で企業を立ち上げたいと思っている人なら、900点以下であると海外で働くには、かなり厳しいと言えるでしょう。自分で立ち上げるのであれば、全て自分でやらなくてはいけませんし、全て自分で従業員に1から教えないといけませんよね。そんな時に、英語が話せないとなると話が通じないですし、とても大切なコミュニケーションも出来ず、全てがうまくいかないと思います。

逆にしっかり話せれば、スムーズに仕事を教えることも出来ますし、コミュニケーションもうまくいくでしょう。

ですので、TOEICの点数はとてもわかりやすい目安だと思います。自分がどれくらいの語学力なのか気になるのであれば、TOEICをしてみると自分がどれくらいの語学力なのかが知れると思います。

900点以下の場合は、自分で勉強することも大切だと思いますが、英語圏の大学に行くか、大学院に行ってみるのも1つの手ではないでしょうか。英語漬けの生活を2年くらい過ごしていれば、語学力が身につくようです。
この時は、語学留学は良くないようなので、語学留学ではなく、大学・大学院に行くようにするといいそうです。

海外で働くには、「そんな大変なことをしないといけないのか」と思う人がいると思うのですが、大学や大学院に行くことが、1番早く身に付けることが出来るようです。
2年間英語漬けにするので、日本人と話すことや、関わることは避けなくてはいけません。日本語を話してしまったり、関わってしまうとその分身につくのも遅くなると考えた方が良いと思いますし、しっかり覚えたいと思うのであれば、これは絶対に守った方が良いでしょう。

「2年間も海外に行っていられない」という人や「金銭面に余裕がない」と言う人は、海外に行かず日本にいながら、TOEICを900点以上とるようにしなくてはいけません。
英語学習に時間をかけることが必要ですし、しっかり基礎を教わること、外国人を会話してどれくらい身についたのかを、確認することも大切です。

そして大学や大学院に行くのであれば、海外に行っている間に自分が必要としている情報を収集したり、人脈を増やすことが大切になってきます。この2つに関しては、海外に行っているから出来ることなので、行くのであれば、ぜひ情報収集と人脈を増やすことも試してみましょう。そうすることで、後々の可能性が広がるでしょう。

英語漬けの生活を送っていれば、早い人であれば3~4ヶ月くらいで話せるようになってくるようです。遅い人でも半年くらいで話せるようになるようです。話せるようになる期間には、個人差があるので、1つの目安として考えてください。

そして、留学にするにしても大学・大学院に入るにしても行く前にまったく何もしないで行くのではなく、事前に必要になりそうな単語をいくつか覚えてから行くようにしたほうがいいと思います。全くわからない状態で行くより、少しでも覚えておくことで自分の不安に思う気持ちの度合も違うと思います。

そして英語の発音は意外と覚えるのが大変なので、洋楽の曲を聞いてみたり、洋画を見て、発音を勉強している人もいるようなので、挑戦してみてもいいと思います。

そして、現地のお友達をつくって、上達スピードを上げることもポイントだと思うので、友達づくりを避けるのではなく、自分から積極的に友達をつくるようにしましょう。
相手の良いていることを理解しようと頑張るのも勉強の1つですから、やってみましょう。

まずは、自分の語学力が900点以上あるのかを確かめてみましょう。
そして語学力を身に付け、自分がやりたい仕事に就いたり、自分が立ち上げたい企業を立ち上げられるようにしましょう。