海外で生活するために必要な語学力

GUM01_PH04016

今回は、海外生活をしたい人のために、海外生活をするのに必要な語学力について、紹介していきたいと思います。
まず自分が何のために、海外で生活するかで必要な語学力が異なってきます。

  • 1つ目は、公的機関で申請や手続きの時に必要な説明や理解が出来る程度の語学力
  • 2つ目は、入学に必要な試験ができ、入学後に先生を会話ができ、理解が出来る程度の語学力
  • 3つ目は、仕事をするのに必要な程度の語学力が必要になってきます。

普通に生活する程度であれば、買い物や外食をするだけであれば、高い語学力はあまり必要ないかもしれません。身振り手振りでもある程度は話が通じますから、そんな人には、現地のお店の人も難しい英語を使わず、理解できるように話をしてくれます。そのくらいであれば、海外旅行の時とあまり変わらないと思います。

ですが、海外生活をしていくうえで電話に出るとなった時に、何も英語が話せない状態で電話をするとなると、うまく話せなく理解もしてもらえず、すごく大変だと思います。ですが、英語を話せればそんな不安になることもなくなり、電話に出て相手と普通に会話をすることが出来るのです。

相手が目の前にいて会話をする場合であれば、身振り手振りで話すことが出来るので、少ししか話せない状態でも大丈夫ですが、電話だと相手が近くにいないので、全て言葉だけで説明して理解してもらわなくてはいけません。

そして海外生活していると公的機関からの問い合わせなどがあったりします。そんな時に説明できないと大変ですし、公的機関の問い合わせなので正確さが要求されますから、しっかり話せなくては大変なことになります。

なので、しっかり説明でき理解してもらえる程度の語学力を身に付けておくと生活していくのが楽だと思います。

また、「海外で生活をしていたら、自然と英語が身につくものなのか」と言うと、海外に住んでいるだけでは決して身につき話せるようになるとは限りません。ですが、日常生活で英語を話す機会が日本にいる時よりも圧倒的に多いのは事実です。なので、中には生活しているだけで自然と身につくという人いますが、身につかないという人が多いのも事実なのです。そして生活をしているだけでは、足りませんから、自分から英語に触れるような環境を作ってあげ、生活していくと良いと思います。

そして英語のスピードに慣れることが身につくというポイントになってきます。英語のスピードは日本語より早いので、最初は慣れるのがすごく大変で聞き取ることが難しいと思います。
また慣れてきて聞き取ることが出来たとしても、ただ聞き取るのが以前より楽になったというだけで、話せるようになるというわけではありません。なので、話せるようになるためには現地のテレビでニュースを見たり、新聞紙を読んだり、洋画を見たりして、自分で勉強する時間を作り、勉強することが1番大切なことではないでしょうか。
なので、まず最初は聞き取ることが出来るのが1番だと思います。

自分が話す場合は、自分で知っている単語を使いながら繋げれば、少しは話すことが出来ますが、聞き取ることが出来なければ、相手の言っていることが理解出来ず話をする時に困ってしまいます。
買い物に行った時などに話すのであれば、現地の人はあなたがあまり英語を話せないことをわかってくれて、あなたが理解できるような簡単な言葉を使って会話してくれます。なので、少しずつ聞き取れるようにしてきましょう。

どうしても話すことが出来ない、理解することが出来ないと困っているのであれば、現地で出来た友達や知り合いに少し助けてもらうのもいいでしょう。ですが助けてもらうのであれば、あなたもその人が困っている時にちゃんと助けてあげることが大切です。
自分が困っている時だけ助けてもらったって、自分はその人が困っている時に助けてあげないというのは良くありませんからやめましょう。
この時頼りすぎるのは辞めてください。頼りすぎてしまうといつまでも語学力が身につきませんので、どうしても困ったときだけにして、しっかり身に付けられるようにしましょう。

他にも、海外で仕事をしたいのであれば、その企業によって求められる語学力のレベルが違うと思いますので、それに合った語学力を身に付ける必要があると言えるでしょう。

どの仕事に対しても言えると思いますが、説明をしたり、コミュニケーションをとったりすると思うので、それは最低限出来るといいと思います。仕事においては、この2つはとても大切でと思いますし、話すことで仕事がやりやすいと思います。

自分が何をしたいのかを考え、どれくらいに話せるようになりたいのかを目標を決めて、自分にあって語学力を身に付けましょう。そしてそのために自分が出来ることをしましょう。

何も努力しないで、語学力が身につく人はいないと思いますし、いたとしてもそれは、ごく一部の人だけです。本当に語学力を身に付けたいのであれば、大変なこともきっと頑張れるはずです。

語学力をより上達されるために、自分から積極的に会話をしたり、勉強したりして身に付けていきましょう。