子供の語学力について

親が海外に赴任する時に家族全員で一緒に海外に行くという家庭が増えているそうです。そんな時に子供は、まったく英語が話せない状態で海外に行く子もいると思いますし、小さい時から英語を覚えさせているのであれば、少しは話せるかもしれませんが、友達がいない所で生活していかなくてはいけませんから、とても心配ですし不安だと思います。

子供は何でもすぐ吸収して覚えるのが早いので、語学力も海外で生活していれば自然と身に付くのではと考えている人がいるようですが、それは少し違うようです。

子供が何歳なのかと性格などでも異なりますが、英語が話せる程度になるまでに約1~3年くらいかかるようです。海外の学校に通い勉強についていけるくらいになるまでには、もっと時間がかかってしまうようです。これも個人差がありますから、この期間より早い子もいれば遅い子もいます。

1からやっていかなくてはいけませんから時間がかかってしまうのが当たり前です。なので、怒ったり責めたりしないでください。子供も子供なりに知らない環境で勉強して頑張っているので、親は子供のそういった気持ちを理解して、怒るのではなくその状況を受け止めてあげ、褒めてあげたりして子供が暮らしやすいようにしてあげましょう。
そして不安に思っている子供をあなたが支えてあげましょう。

子供がくじけてしまう時もあるかもしれません。そういった時は、そうやってモチベーションをあげてあげるかも考えたり、子供どうしたら嫌にならないのかもしっかり考えてあげる必要があると思います。

205583

小学生前の子供の場合、母国の言葉の発達もとても大切と言われています。日本語を覚え始める時期ですから、英語の勉強も取り入れると、日本語を話す力が十分に発達しないようです。同時進行で日本語も英語も習得をすることになるので、毎日聞いている英語の方が身に付くのが早いと思います。
なので、家庭で日本語を使って育てないと、日本語の発達が出来ません。いずれ日本に戻るかもと言う人であれば、英語を覚えさせるのを急ぎすぎず、日本語をしっかり覚えさせた方が良いでしょう。
家の中では、日本語で会話をしたり、日本の絵本を読み聞かせてあげたりして、子供は日本語に触れることが出来る環境を作ってあげるといいでしょう。負担がかかりすぎない程度に、両立してあげましょう。

子供は、親を触れ合っている時が1番楽しくて、落ち着きますから、そんな時間を使って日本語に触れてあげましょう。

小学生の場合には、低学年だと現地の学校に通うと思います。なんにでも興味を持ち、読み書きがしっかり身に付いてくる時期でもありますし、日本語の維持もとても大切な時期です。学校に通っていますが、家庭では日本語の勉強もするようにした方がいいと言えます。
そして低学年くらいであれば、言葉なしでも遊べる年頃ですから、受け入れられやすいと思います。ですが言葉が通じないのは、子供でもストレスに感じてしまうかもしれませんから、帰ってきたら、その1日に何があったのかを聞いてあげるといいでしょう。そして子供の様子をしっかり観察して、気持ちを考えてあげましょう。

高学年の場合は、日本語の読み書きもしっかり定着し始めます。高学年から海外で生活を始めても日本語の読み書きの力がほとんど低下することはありません。家庭では日本語で会話していれば、維持することが出来ると思います。日本語も発達しているので、英語も覚えやすいと思います。
学校でも高学年になると授業内容が難しくなってきますから、親の手助けも必要になってくると思います。なので、子供をしっかりサポートしてあげましょう。家庭教師などを付けるのもいいと思います。

中学生の場合は、日本語は出来ているので、英語を覚えるのもそう難しくはないと思います。ですが、会話なしで遊んだりできるのは、小学低学年のころまでなので、英語が出来ないと大変かもしれません。勉強量も授業内容も小学生の時とは、まったく違い大変になってきます。そして英語をある程度覚えるまでの期間にストレスを感じやすい時期でもあります。

ストレスが発散できることを作ってあげたり、趣味やスポーツを打ち込める環境を作ってあげましょう。そうしてサポートしてあげることが大切です。
中学生くらいであれば、海外に来る前に少し話せるようにしておくといいと思います。

高校生の場合は、ある程度は学校で英語を勉強していますから、その分身に付くのも早いと思います。ですが、単語を聞いて少しは理解出来るかもしれませんが、相手が話している内容をしっかり理解するのは、難しいと思います。学校で習う英語は、通じない場合もありますから、会話が上手く出来ず、ストレスを感じるでしょう。
そして中には、海外についていかず、「日本に残りたい」と自分の意見を言う子もいるそうです。今いる友達が大切だということもありますから、それを無理に連れて行ってもうまくはいきません。そういった時は、本人の意見も聞きながら、皆で話してみましょう。

高校生の時期が学生の中で1番色々ある時期だと思うので、自分の意思がちゃんとありますし、意見ははっきり言いますから大変かもしれません。
ですが、無理に連れて行っても仕方ありませんから、子供の気持ちを考えてあげつつ、これからのことをしっかり話し合いましょう。

全ての時期に対して同じことが言えますが、子供の気持ちをしっかり考えてあげることが親の役割です。そして、しっかり子供の様子を見て、話を聞いてあげたり、理解してあげるといいでしょう。
子供も誰も知り合いのいない所で、生活するので不安ですし、色々なことでストレスが溜まってしまいます。なので、しっかりサポートして支えてあげましょう。

そして子供が暮らしやすいように色々と工夫して、過ごしやすくしてあげてください。